ポタリングって知ってる?2時間で巡る高畠町観光スポットの自転車旅!


この記事は、WEBライティング講座第2期生が卒業製作として執筆したものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは。web ライターのタカハシシです。

「ポタリング」という⾔葉を聞いたことはありませんか︖

「ゆるっと、ぶらぶらと⾃転⾞に乗って出かける」

そんな意味の造語です。

私の住む⾼畠町には、ポタリングに最適なコースがあるんです。
おすすめのコースをまとめた『⾼畠サイクリングマップ』まであるんですよ。

マップを使って観光しながら、適度な運動になるのでおすすめです。
⾃転⾞は徒歩やランニングに⽐べて、脚への負担が少ないのもうれしいポイント。
楽しみながら⽇頃の運動不⾜が解消できちゃいます。

というわけで、今回は『⾼畠サイクリングマップ』を使って、実際に観光地を巡りながらゆるっとポタリングしてきましたのでご紹介していきます。

⾼畠サイクリングマップとは︖

⾼畠町観光協会が作成した、⾼畠町内のサイクリングマップです。
掲載されているサイクリングルートは次の4 つ。

  • ポタリングコース
  • まほろばの緑道コース
  • ⾼畠⼀周コース
  • ヒルクライムコース

サイクリングルートの他にも商店街の飲⾷店紹介なども掲載されており、これさえあれば観光もトレーニングもできちゃうというスグレモノ。
町内各所で⼿に⼊れることができますし、⾼畠町観光協会HPで配信もされています。
荷物を増やしたくない場合はスマホにダウンロードしておくのがおすすめですよ。

では、このコースを参考にしてルートを決めて⾛っていきましょう。

必要な装備⼀覧

早速⾛り出したいところですが、その前に準備は⼤事。
最低限必要なものを確認していきます。

・⾃転⾞

これがないと始まらない「⾃転⾞」。⾼畠駅ではレンタサイクルも⾏なっていますので、⾃転⾞を持っていなくても⼤丈夫。

ですが、⾃分のお気に⼊りの⼀台で⾏くと楽しみは倍増。
⾏く先々で愛⾞と観光地を写真におさめるのは楽しいですよ︕

・飲み物

ゆっくり⾛っていても、思いの外汗をかきます。
今回のコースであれば、夏場以外なら500ml のペットボトル1 本あれば⼤丈夫です。
道中に⾃動販売機やお店があるので、そこで補充するのもOK。

・保険証

保険証を持ち歩いておきましょう。

ケガをしたり不慮の事故が起こってしまった場合、診察を受けなければならない場合も。何事もないのが⼀番ですが、念のため⾃分の⾝を守るための道具を持っておきましょう。

カバンはリュックタイプのものを
カバンは絶対にリュックタイプがおすすめです。

肩掛けタイプだと⽚側の肩だけが凝ってしまったり、バランスを崩してしまってふらつく恐れも。
リュックタイプのカバンで、両⼿を⾃由にしつつバランスをとりましょう。

⾼畠サイクリングマップを持って実⾛︕

準備が整ったら、早速サイクリングマップを持って⾛りだしましょう︕

今回のルートは、
「⾼畠駅〜旧⾼畠駅〜安久津⼋幡神社・三重塔〜道の駅たかはた〜⻲岡⽂殊〜⾼畠駅」としました。
サイクリングマップの「まほろばの緑道コース」の前半と「ポタリングコース」を組み合わせた感じです。

マップの時間通り⾏けば、おおよそ80 分で⾛⾏できる計算です。
道中寄り道をすれば、その分時間がかかると思っていてください。

あえてこのルートにしたのは、スタート地点を⾼畠駅にするため。
なぜ⾼畠駅スタートが良いのか、その理由は後述しますね。


それでは、出発︕︕

王道の『まほろばの緑道』を⾛る

まずは⾼畠町⺠ならだれもがおすすめする歩⾏者・⾃転⾞専⽤道路である『まほろばの緑道』。
元々は電⾞の線路が敷かれていたルートで、線路が廃⽌されたのちにまほろばの緑道として⽣まれ変わりました。
およそ6km の道沿いには700 本もの桜が植えられており、春になれば満開の桜の下を⾛ることができます。

私が⾛ったのは2019 年4 ⽉13 ⽇。
残念ながら桜はまだ咲いていませんでした。


あと⼀週間ほどで開花、といったところですね。

道沿いには所々にベンチが。
少し⾜を⽌めてゆっくりするのもいいですね。

⼩学校近くの道沿いには動物たちが。

くま・・・


くま︖

まほろばの緑道⾛⾏時の注意点

まほろばの緑道を⾃転⾞で⾛る際に、注意すべきポイントが3 つあります。

  • 道路の横断
  • ⾞⽌めと段差
  • ⼀部舗装されていない道路もある

歩⾏者・⾃転⾞専⽤道路とはいえ、何か所か道路を横断する必要があります。
幅のある国道を渡ることもあるので、横断の際はご注意ください。

また、⾞⽌めとその付近に円形の段差ができている箇所があり、屋代⼩学校付近では⼀部舗装されていない箇所もあります。


マウンテンバイクやママチャリなどのタイヤなら⼤丈夫だとは思いますが、ロードバイクのような細いタイヤはパンクしないように気をつけてくださいね。
迂回もできますので、未舗装路を⾛りたくない場合はルートを変更するのも⼿です。

⾼畠⽯で造られた『旧⾼畠駅』

1つ⽬の⽬的地、旧⾼畠駅です。

もともとまほろばの緑道⾃体が線路だったので、道中に駅があるのは当たり前といえば当たり前ですね。

⾼畠⽯で造られた駅舎は登録有形⽂化財となっています。

なんと、当時の電⾞も展⽰してあるんですよ︕

町⺠からすれば「いつもの光景」かもしれませんが、良い観光スポットだと思います︕
付近にはベンチや⾃動販売機がありますので、⼀休みできますよ。

『安久津⼋幡神社・三重塔』で記念写真

まほろばの緑道を抜けて国道113 号線へ。

国道を⾛っていくと、左⼿には三重塔が⾒えてきます。
これが安久津⼋幡神社・三重塔です。

春は菜の花と桜が咲いて綺麗になります。
咲き始めの菜の花と⼀緒に写真を撮ってきました。

『道の駅たかはた』でひとやすみ

中間地点、道の駅たかはたまでやってきました。

先程の安久津⼋幡神社・三重塔の道路をはさんで向かい側にあります。

道の駅ではお⼟産や農産物などが販売されていますので、お買い物もどうぞ。

ここから先は「ポタリングコース」を⾛っていきます。

懐かしい⾹り漂う『昭和縁結び通り商店街』を⾛る

⾼畠の商店街を⾛っていきます。

『昭和縁結び通り商店街』と名前が付いているのですが、その名の通り『昭和』を感じさせる商店街です。

時代を感じさせる懐かしい看板がかけてあったり。

『昭和ミニ資料館』が並んでいて、通り全体が昭和の⾊に。

古い看板に⾵情を感じます。

この通りでは、2 年に1 度のクラシックカーのお祭り『クラシックカーレビュー』が開催されるんです。
昭和の町並みに似合うレトロな⾞が集まるのは、⾞好きにはうれしいイベントですね。
( 参考︓ クラシックカーレビューin ⾼畠2018 開催︕100 台を超える旧⾞が⼤集合

最後はちょっと頑張ろう︕『⻲岡⽂殊(⼤聖寺)』

最後の⽬的地は『⻲岡⽂殊(⼤聖寺)』

⻲岡⽂殊は⽇本三⼤⽂殊の⼀つで、知恵をつかさどる⽂殊菩薩が祀られており、年末年始は合格祈願で多くの受験⽣が参拝に来ます。

⻲岡⽂殊にたどり着くまでには⼀つ、難関があるのです。

それは、『坂』。
⾒てください、この上り坂。

・・・⾒ていても仕⽅ないので、まずは上りましょう。


よいしょ、よいしょ・・・。


ゴール、と⾒せかけて、まだ続くカーブの上り坂。


まだだ、まだ終わらんよ・・・。


ようやく到着︕︕
重いママチャリなどの場合は途中から歩いてもいいかもしれませんね・・・。

ようやく着いたと思ったら今度は階段。

上った先には⻲岡⽂殊(⼤聖寺)。

しっかりお参りをしつつ、知恵の⽔『利根⽔(りこんすい)』をいただきましょう。

『温泉がある⾼畠駅』に戻ってきてゴール︕

そして帰ってきました、⾼畠駅︕

なぜここをゴールに設定したかと⾔うと・・・。
ここ⾼畠駅には、構内に『温泉』があるのです︕

駅のホームにでかでかとある『ゆ』の⽂字。

全国的にも珍しい駅構内に温泉がある駅。
旅の最後には温泉に⼊って、疲れを癒しましょう。

適度に運動した後の温泉は気持ちいいものです。

おわりに


『まほろばの緑道』という、サイクリングにはうってつけの道があるのは⼤きな魅⼒。
それに、⾼畠駅構内にある温泉が旅の疲れを癒やしてくれます。
今回のルートを写真撮影しながら⾛って、ちょうど2 時間程度の旅でした。
道中で寄り道すればもっと時間が欲しいと思うので、2.5〜3 時間程度あれば⼗分楽しめますね。

今回紹介した観光・ポタリングルートだけでなく、本格的なロードバイクトレーニングができる町内⼀周コースやヒルクライムコースもあるので、次回はそちらに挑戦したいと思います。

あなたも是⾮、⾼畠町でサイクリング・ポタリングしてみませんか︖


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です