地方の農村部にある家の呼び名、「屋号」や「通称」の謎に迫る!〜山形県酒田市・漆曽根1区編〜(例:そんざぶろ、そんざぶろいもぢ、あだしゃ、いんきょさま等)


 

この記事は、WEBライティング講座第1期生が卒業製作として執筆したものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山形県酒田市の地域おこし協力隊、阿部彩人(@ayateck)です。

突然ですが、皆さんの家に呼び名はありますか?

江戸時代から続く昔ながらの農村地区には、家の呼び名があります。

山形県酒田市にある私の実家の呼び名は「そんざぶろいもぢ」。実家の本家の呼び名は「そんざぶろ」(初代が惣三郎さん)で、そこから分家して「家持ち」になったため「いもぢ」が付いて、「そんざぶろいもぢ」と呼ばれているとのこと。

私自身、高校卒業まで酒田で生活していた際には、家にそのような呼び名があることについて特に疑問も感じずに生きてまいりました。ですが、東京に出てきてみると、首都圏では家に呼び名があるということ自体がレアであることに気づきました。

なぜ、田舎の農村地区の家には、呼び名が必要だったのでしょうか。この呼び名の謎に迫るため、私の実家がある酒田市・漆曽根1区での例をもとに調べてみました。

続きは、以下からご覧いただけます。
http://ayateck.hatenablog.com/entry/yagou_urushizone1ku


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です