放置するだけ!【♯オキシクリーン】で話題の酸素系漂白剤で 頑固な汚れを落としてみた


この記事は、WEBライティング講座第1期生が卒業製作として執筆したものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最近SNSでよく見かける「♯オキシクリーン」って知っていますか?

アメリカで生まれた酸素系の漂白剤です。

これは是非使ってみたい!と思い近所のドラッグストアや大きめのスーパーを回ってみたものの、私の住んでいる田舎では、オキシクリーン、置いていない。。。

あきらめるか。。。と帰ろうとした時「酸素系漂白剤」の文字を発見!

成分名の「過炭酸ナトリウム」の表示で売られていることもあります。

食器用洗剤や住居用洗剤のコーナーに置いてありました。

本当に放置するだけできれいになるのか?酸素系漂白剤の特性を理解し、実際に、カビやすいお風呂グッズから洗濯で使用する風呂水ポンプがどの程度まできれいになるのかを検証してみました。

 

  • 酸素系漂白剤の性質は?

「過炭酸ナトリウム」という弱アルカリ性の成分です。

お風呂等の汚れの原因は人間の皮脂汚れ。皮脂汚れは酸性なので、アルカリ性の酸素系漂白剤で汚れが落ちやすくなります。また、使用した後は炭酸ソーダと水・酸素に分解されるので、環境に優しい成分なのです!塩素系の漂白剤と違って、嫌なニオイがしないのも嬉しいポイントです。ただ、直接触ると皮膚のタンパク質が溶けてヌルヌルするので気をつけて下さいね!

 

 

  • お風呂グッズ・風呂水ポンプで検証

方法としては、浴槽の半分位のお湯(40℃~50℃)を入れます。

我が家は追い炊き機能がないため、冷えてしまうのを考慮して60℃のお湯をためました。そこに250グラムの酸素系漂白剤を加えて混ぜます。(用量は使用する製品の使用量に応じて下さい)このとき、手が荒れないよう使い捨てのゴム手袋を使用しました。

 

試してみたのは、

・カビや石鹸カスがこびりついてしまったイス

・洗濯時に使用する風呂水ポンプ

です。こちら、蛇腹なので隙間にもカビが入りこみ、全て手作業で掃除するのは非常にやっかいです。。。

 

これらを浴槽に放り込むだけ。。。。。!
(あまりにも汚かったので写真は遠慮しました)

そして5時間後に取り出してさっと流した後の写真がコチラです。

 

◆お風呂のイスの裏

ただし、イスの脚についた水アカよごれは落ちませんでした。

 

 

◆風呂水ポンプ

 

◆なんとフタの中までキレイになってます。

 

◆厄介な蛇腹もこの通り!

 

まとめ

実は上記の二つ、一人暮らしの時に10年使用していたものを、引っ越しを機に2年間も汚いまま物置に放置していたもの。

恐ろしい汚れ具合だったので最初は半信半疑でした。ですが本当に【放置するだけ】で汚れを落とすことができました。それにお値段も良心的♪

 

近所で見かけた酸素系漂白剤の値段リスト↓

  • niwaQ 過炭酸ナトリウム 500g ¥298
  • ミヨシ 暮らしの過炭酸ナトリウム 500g ¥348
  • シャボン玉石けん 酸素系漂白剤 750g ¥350~¥450

 

 

酸素漂白剤、本当に家事を楽にしてくれる味方です!
もっと早く知っていたかったです笑。
使用方法と特性に気をつけて、簡単にお家の中をキレイにしていきましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です